今週 書評で取り上げられた本(9/20~9/26 週刊10誌&朝日新聞)全73冊

f:id:toship-asobi:20210925231326j:plain

毎週日曜日は、この一週間に書評に取り上げられた本を紹介しています。今が旬の逸品といえるおすすめ品です。書評の内容については各誌をご覧ください。

週の書評本掲載された媒体タイトル・著者・出版社・税込価格)

週刊朝日:10/1号 6 冊 
家族のようなあなたへ 橋田壽賀子さんと歩んだ60年 石井ふく子 世界文化社 1,485
白光 朝井まかて 文藝春秋 1,980
養老先生、病院へ行く 養老孟司、中川恵一 エクスナレッジ 1,540
女たちのポリティクス 台頭する世界の女性政治家たち ブレイディみかこ 幻冬舎新書 990
考えて、考えて、考える 藤井 聡太、丹羽 宇一郎 講談社 1,540
早く絶版になってほしい #駄言辞典 日経xwoman編 日経BP 1,540

サンデー毎日:10/3号 9 冊 
星のように離れて雨のように散った 島本理生 文藝春秋 1,540
熱風団地 大沢在昌 角川書店 1,980
江戸のいろごと 福田和浩 平凡社新書 968
食べる時間でこんなに変わる 時間栄養学入門 柴田重信 講談社ブルーバックス 1,100
鴎外青春診療録控 千住に吹く風 山崎光夫 中央公論新社 1,870
しごと放浪記 自分の仕事を見つけたい人のために 森まゆみ インターナショナル新書 968
ブランド 吉田修一 KADOKAWA 1,760
日本カンパニーキャラ&シンボル大全 辰巳出版 1,650
ガケ書房の頃 完全版 そしてホホホ座へ 山下賢ちくま文庫 880

週刊新潮:9/23号 15 冊 
後列のひと 無名人の戦後史 清武英利 文藝春秋 1,760
永遠の家 エンリーケ・ビラ=マタス 書肆侃侃房 1,980
忌名の如き贄るもの 三津田信三 講談社 2,035
ゼロエフ 古川日出男 講談社 1,980
「アイドルの国」の性暴力 内藤千珠子 新曜社 3,190
文豪たちの友情 石井千湖 新潮文庫 649
美しき町・西班牙犬の家 佐藤春夫 岩波文庫 814
谷崎潤一郎マゾヒズム小説集 谷崎潤一郎 集英社文庫 528
世間体国家・日本 その構造と呪縛 犬飼裕一 光文社新書 968
国会議員を経験して学んだ実生活に即活かせる政治利用の件 宮崎謙介 徳間書店 1,760
ワーキング・ホリデー 坂木司 文春文庫 726
続 空包戦記 (元陸将が切り拓いた波乱万丈─自衛官人生) 福山隆 イカロス出版 1,980
歌舞伎役者 市川雷蔵 のらりくらりと生きて 大島幸久 中央公論新社 2,200
闘ふ鷗外、最後の絶叫 西村正 作品社 2,200
機械式時計大全 山田五郎 講談社選書メチエ 2,860

週刊文春:9/30号 15 冊 
清少納言を求めて フィンランドから京都へ ミア・カンキマキ 草思社 2,200
朔が満ちる 窪美澄 朝日新聞出版 1,870
人工知能が俳句を詠む  AI一茶くんの挑戦 川村秀憲, 山下倫央, 横山想一郎 オーム社 1,760
幻月と探偵 伊吹亜門 KADOKAWA 1,925
老虎残夢 桃野雑派 講談社 1,870
起業の天才 江副浩正 8兆円企業リクルートをつくった男 大西康之 東洋経済新報社 2,200
死者と霊性 近代を問い直 末木文美士 岩波新書 946
存在しない時間の中で 山田宗樹 角川春樹事務所 1,870
洋楽ロック史を彩るライヴ伝説 ウドー音楽事務所の軌跡を辿る 赤尾美香 シンコーミュージック 2,420
ばにらさま 山本文緒 文藝春秋 1,540
ヒトはなぜ「がん」になるのか 進化が生んだ怪物 キャット・アーニー 河出書房新社 2,475
文体の舵をとれ ル=グウィンの小説教室 アーシュラ・K・ル=グウィン フィルムアート社 2,200
人間本性を哲学する 生得主義と経験主義の論争史 次田瞬 青土社 2,860
ライティングの哲学 書けない悩みのための執筆論 千葉雅也 , 山内朋樹他 星海社 1,210
すべてはノートからはじまる あなたの人生をひらく記録術 倉下忠憲 星海社 1,320

週刊東洋経済:9/25号 10 冊 
言論統制というビジネス 新聞社史から消された「戦争」 里見脩 新潮選書 1,705
熱力学 宇宙を解く唯一の科学 ポール・セン 河出書房新社 2,420
働くことの人類学 仕事と自由をめぐる8つの対話 松村圭一郎 黒鳥社 2,200
琉球警察 伊東潤 角川春樹事務所 2,090
コロナ貧困 絶望的格差社会の襲来 藤田孝典 毎日新聞出版 1,320
猫が30歳まで生きる日 治せなかった病気に打ち克つタンパク質「AIM」の発見 宮崎徹 時事通信社 1,980
世界大麻経済戦争 矢部武 集英社新書 924
甲子園は通過点です~勝利至上主義と決別した男たち 氏原英明 新潮新書 792
古代文明と星空の謎 渡部潤一 ちくまプリマー新書 924
江戸のいろごと 福田和浩 平凡社新書 968

朝日新聞:9月25日 18 冊 
90歳セツの新聞ちぎり絵 木村セツ 里山社 1,980
誰がタリバンを育てたか マイケル・グリフィン 大月書店 2,860
アフガニスタンの歴史と文化 ヴィレム・フォーヘルサング 明石書店 (品切れ)
アフガニスタンの少女マジャミン 長倉洋海 新日本出版社 1,760
人文主義の系譜: 方法の探究 木庭顕 法政大学出版局 5,500
名著のツボ 賢人たちが推す!最強ブックガイド 石井千湖 文藝春秋 1,760
開高健の本棚 開高健 河出書房新社 2,420
地図帳の深読み 100年の変遷 今尾恵介 帝国書院 1,980
Life Changing:ヒトが生命進化を加速する ヘレン・ピルチャー 化学同人 2,860
アカデミアを離れてみたら 博士、道なき道をゆく 岩波書店編集部 岩波書店 2,200
天皇制と日本史 -朝河貫一から学ぶ 矢吹晋 集広社 6,380
清少納言を求めて フィンランドから京都へ ミア・カンキマキ 草思社 2,200
テレビ・ドキュメンタリーの真髄 制作者16人の証言 小黒 純, 西村 秀樹他 藤原書店 4,180
著作権は文化を発展させるのか 人権と文化コモンズ 山田奨治 人文書院 3,520
海のアトリエ 堀川理万子 偕成社 1,540
川上弘美 幻冬舎文庫 825
極北へ 石川直樹 毎日文庫 880
溶ける街 透ける路 多和田葉子 講談社文芸文庫 1,760

女性自身週刊現代週刊ポスト週刊エコノミストは今週休刊です。

以上

今週 書評で取り上げられた本(9/13~9/19 週刊10誌&朝日新聞)全104冊

f:id:toship-asobi:20210918234629j:plain

 

毎週日曜日は、この一週間に書評に取り上げられた本を紹介しています。今が旬の逸品といえるおすすめ品です。書評の内容については各誌をご覧ください。

今週の書評本掲載された媒体タイトル・著者・出版社・税込価格)

週刊朝日:9/24号 6 冊 
ねじねじ録 藤崎彩織 水鈴社 1,540
余命一年、男をかう 吉川トリコ 講談社 1,650
コード・ガールズ 日独の暗号を解き明かした女性たち ライザ・マンディ みすず書房 3,960
本当に君は総理大臣になれないのか 小川淳也、中原一歩 講談社現代新書 924
日本の先史時代-旧石器・縄文・弥生・古墳時代を読みなおす 藤尾慎一郎 中公新書 1,034
室町は今日もハードボイルド 日本中世のアナーキーな世界 清水克行 新潮社 1,540

サンデー毎日:9/26号 9 冊 
やさしい猫 中島京子 中央公論新社 2,090
筆録 日常対話 私と同性を愛する母と ホアン・フイチェン サウザンブックス社 2,750
痛風の朝 キンマサタカ 本の雑誌社 1,650
愛と差別と友情とLGBTQ+ 言葉で闘うアメリカの記録と内在する私たちの正体 北丸雄二 人々舎 2,860
立花隆 最後に語り伝えたいこと-大江健三郎との対話と長崎大学の講演 立花隆 中央公論新社 1,760
乗り鉄」教授のとことん鉄道旅 宮村一夫 潮出版社 1,650
山崎まさよし 山崎まさよし 百年舎 3,300
線量計奥の細道 ドリアン助川 集英社文庫 902
長崎丸山遊廓 江戸時代のワンダーランド 赤瀬浩 講談社現代新書 1,320

女性自身:9/28・10/5号 4 冊 
白光 朝井まかて 文藝春秋 1,980
祖母の手帖 ミレーナ・アグス 新潮社 1,760
ナインストーリーズ 乙川優三郎 文藝春秋 1,650
ダイエットをしたら太ります。~最新医学データが示す不都合な真実 永田利彦 光文社新書 924

女性セブン:9/30・10/7号 5 冊 
九十八歳。戦いやまず日は暮れず 佐藤愛子 小学館 1,320
仲野教授の 笑う門には病なし 仲野徹 ミシマ社 1,760
百合子とたか子 女性政治リーダーの運命 岩本美砂子 岩波書店 1,980
熱帯 森見登美彦 文春文庫 1,034
トリニティ 窪美澄 新潮文庫 935

週刊現代:9/25号 7 冊
涅槃(上・下) 垣根涼介 朝日新聞出版 各1,980
魂を撮ろう ユージン・スミスとアイリーンの水俣 石井妙子 文春文庫 2,090
さみだれ 矢野隆 徳間書店 1,870
タクシー業界サバイバル 栗田シメイ 扶桑社新書 946
考えて、考えて、考える 藤井 聡太、丹羽宇一郎 講談社 1,540
彼と彼女の衝撃の瞬間 アリス・フィーニー 創元推理文庫 1,320
妻の死 加賀乙彦自選短編小説集 加賀乙彦 幻戯書房 3,520

週刊ポスト:10/1号 10 冊 
幻月と探偵 伊吹亜門 KADOKAWA 1,925
時代劇聖地巡礼 春日太一 ミシマ社 1,980
財務省の「ワル」 岸宣仁 新潮新書 814
透明な螺旋 東野圭吾 文藝春秋 1,815
出版禁止 いやしの村滞在記 長江俊和 新潮社 1,760
痛風の朝 キンマサタカ 本の雑誌社 1,650
リバーサイド・チルドレン 梓崎優 創元推理文庫 858
熱帯 森見登美彦 文春文庫 1,034
強打者 江夏豊 ワニブックスPLUS新書 990
死者と霊性 近代を問い直す 末木文美士 岩波新書 946

週刊新潮:9/23号 15 冊 
土葬の村 高橋繁行 講談社現代新書 1,100
長い一日 滝口悠生 講談社 2,475
紅きゆめみし 田牧大和 光文社 1,925
目の見えない白鳥さんとアートを見にいく 川内有緒 集英社インターナショナル 2,310
旅立つには最高の日 田中真知 三省堂 2,200
沈黙のパレード 東野圭吾 文春文庫 891
蠅男 海野十三 創元推理文庫 1,100
オシリスの眼 R.オースティン フリーマン ちくま文庫 1,045
甲子園は通過点です~勝利至上主義と決別した男たち 氏原英明 新潮新書 792
まとまらない言葉を生きる 荒井裕樹 柏書房 1,980
ごん狐 新美南吉童話集 新美南吉 岩波文庫 814
「日本体操女子」の未来へ 金メダルを目指した57年の軌跡 塚原千惠子 双葉社 1,870
立花隆 最後に語り伝えたいこと-大江健三郎との対話と長崎大学の講演 立花隆 中央公論新社 1,760
異界神社 ニッポンの奥宮 本田不二雄 駒草出版 1,980
作家は時代の神経である コロナ禍のクロニクル2020→2021 高村薫 毎日新聞出版 1,980

週刊文春:9/23号 10 冊 
Humankind 希望の歴史(上・下) ルトガー・ブレグマン 文藝春秋 1,980
往復書簡 限界から始まる 上野千鶴子, 鈴木涼美 幻冬舎 1,760
ディズニーとチャップリン エンタメビジネスを生んだ巨人 大野裕之 光文社新書 990
自由研究には向かない殺人 ホリー・ジャクソン 創元推理文庫 1,540
木曜殺人クラブ リチャード・オスマン ハヤカワポケットミステリー 2,310
養老先生、病院へ行く 養老孟司、中川恵一 エクスナレッジ 1,540
アウトロー・オーシャン 海の「無法地帯」をゆく(上・下) イアン・アービナ 白水社 各2,640
たまごの旅人 近藤史恵 実業之日本社 1,760
原子の力を解放せよ 戦争に翻弄された核物理学者たち 浜野高宏, 新田義貴他 集英社新書 1,056
ケアの倫理とエンパワメント 小川公代 講談社 1,650

週刊エコノミスト:9/21・9/28号 8 冊 
地域金融の経済学 人口減少下の地方活性化と銀行業の役割 小倉義明 慶應義塾大学出版会 2970
後期日中戦争 太平洋戦争下の中国戦線 広中一成 角川新書 1,012
ネルソン・マンデラ 分断を超える現実主義者 堀内隆行 岩波新書 880
ナラティブ経済学 経済予測の全く新しい考え方 ロバート・シラー 東洋経済新報社 3,080
世界大麻経済戦争 矢部武 集英社新書 924
ウミガメは100キロ沖で恋をする 菅沼弘行 方丈社 1,650
生きのびるための流域思考 岸由二 ちくまプリマー新書 946
なぜ中国人はそう考えるのか はじめての中国"思考史" 佐久協 出版芸術社 1,540

週刊東洋経済:9/18号 10 冊 
遊ばせる技術 チームの成果をワンランク上げる仕組み 神谷俊 日本経済新聞出版 1,760
第三の支柱 コミュニティ再生の経済学 ラグラム・ラジャン みすず書房 3,960
大阪時事新報の研究 「関西ジャーナリズム」と福澤精神 松尾理也 創元社 4,620
暁の宇品 陸軍船舶司令官たちのヒロシマ 堀川惠子 講談社 2,090
極端豪雨はなぜ毎年のように発生するのか 川瀬宏明 化学同人 1,870
捕食者 全米を震撼させた、待ち伏せする連続殺人鬼 モーリーン・キャラハン 亜紀書房 2,420
戦争はいかに終結したか-二度の大戦からベトナムイラクまで 千々和泰明 中公新書 1,012
税と公助 置き去りの将来世代 伊藤裕香子 朝日新書 869
インド洋 日本の気候を支配する謎の大海 蒲生俊敬 講談社ブルーバックス 1,100
ボヘミアンラプソディ」の謎を解く 菅原裕子 光文社新書 902

朝日新聞:9月18日 20 冊 
闇の盾 政界・警察・芸能界の守り神と呼ばれた男 寺尾文孝 講談社 1,980
官僚たちの冬 霞が関復活の処方箋 田中秀明 小学館新書 880
安全保障戦略 兼原 克 日経BP 3,630
新型コロナ対応・民間臨時調査会 調査・検証報告書 アジア・パシフィック・イニシアティブ ディスカヴァー・トゥエンティワン 2,750
統計データの落とし穴 その数字は真実を語るのか? ピーター シュライバー ニュートンプレス 2,780
北に渡った言語学者 金壽卿1918-2000 板垣竜太 人文書院 4,950
壊れた魂 アキラ・ミズバヤシ みすず書房 3,960
米中対立 アメリカの戦略転換と分断される世界 佐藤亮 中公新書 1,034
花代の世界 花代 河出書房新社 4,620
フォントの話をしよう パイ インターナショナル(編集・出版) 2,420
フランドルの冬 加賀乙彦長篇小説全集 第一巻 加賀乙彦 作品社 4,180
白光 朝井まかて 文藝春秋 1,980
光琳 富士を描く 幻の名作「富士三壺図屏風」のすべて 小林 忠 小学館 2,420
長い一日 滝口悠生 講談社 2,475
やさしい猫 中島京子 中央公論新社 2,090
拗ね者たらん 本田靖春 人と作品 後藤正治 講談社文庫 1,078
文豪と感染症 100年前のスペイン風邪はどう書かれたのか 永江朗(編) 朝日文庫 748
線量計奥の細道 ドリアン助川 集英社文庫 902
COLOR いつか見た風景 北井一夫 合同会社PCT 3,850
暗き世に爆ぜ 俳句的日常 小沢信夫 みすず書房 3,520
システムを作らせる技術 エンジニアではないあなたへ 白川克、濵本佳史 日経BP 2,860
ひらやすみ 1 真造圭伍 小学館 650
ニュースの未来 石戸 諭 光文社新書 946
ヴィクトール・ユゴー 言葉と権力 ナポレオン三世との戦い 西永良成 平凡社新書 968
非モテ」からはじめる男性学 西井開 集英社文庫 924
筒美京平 大ヒットメーカーの秘密 近田春夫 文春新書 935
人事の日本史 遠山美都男, 関幸彦, 山本博文 朝日新書 1,023
山椒魚 井伏鱒二 新潮文庫 539
石垣りん詩集 表札 石垣りん 童話屋 1,650

以上

奥深い闇社会に若者はハマる・西尾潤の「マルチの子」を読みました

      f:id:toship-asobi:20210916004248j:plain

「マルチの子」 西尾潤(著)  徳間書店

マルチビジネスのど真ん中にいる22歳の真瑠子(まるこ)が主人公の小説のご紹介。

コロナ禍以前、男3人でJR大阪駅周辺でランチの後にカフェで数時間過ごしていると、不思議な集団によく遭遇した。

30~40代くらいの女性のテーブルに、学生くらいの若い男女がカフェで注文した飲み物を手に入れ代わり立ち代わりやって来て話をしている。

この集団は何なんだろうとずっと訝しく思っていたのだが、我々が下した結論はたぶんマルチビジネスのグループで、ボス的な女性にハッパをかけられたりグループに引き入れられている図だというもの。

いま、その想像はおそらく正解だったと思うのは、本作には全く同じようなシーンが登場するからだった。

マルチのことは、ネズミ講に似たシステムだと断片的に知っている程度だが、「マルチの子」を読み進めるうちにマルチの全容や実態が網羅的に見えてくる。

かなり細部にわたってリアルに描いているように感じて、なかなか綿密な取材を重ねているなと感心していたら、読後に著者自身が20歳のころから2年半の間どっぷりマルチにハマっていたことが判った。

著者の西尾潤は、マルチで月収が7桁になったこともあり、配下のグループの人数が800人を数えるまでになっていたそうだが、やがて地獄も経験して今は堅気の小説家になっている。

西尾は大阪市出身で、この小説の中心となる場所は大阪駅周辺のカフェやオフィスだから、私としてもリアルな設定となっている。もしかすると、実際に私が見た大阪駅近くのカフェで若い男女の面談をしていた女性が著者の西尾だったかもしれない。

こういう小説にすると、主人公への思い入れから実態がよく分かり警鐘がはっきり聴こえてくる。

リアルな話、私はカフェで話を聞いていた若者たちに「手を引きなさい」と目覚めさせることはできなかったが、残念なのは、たぶん本作のような小説など読まない子たちがマルチ商法にからめとられるような気がすることだ。

闇社会は奥深くて、小説で接するに限るのだった。

 

今週 書評で取り上げられた本(9/6~9/12 週刊10誌&朝日新聞+ダヴィンチ)全106冊

f:id:toship-asobi:20210911150314j:plain

毎週日曜日は、この一週間に書評に取り上げられた本を紹介しています。今が旬の逸品といえるおすすめ品です。書評の内容については各誌をご覧ください。

「白光」朝井まかて この作家は多作でまだ読んだことはないのですが、いつも面白い人物をモチーフにしています。今回は絵師(画家)の山下りんの生涯を描いているようです。日曜画家としては興味深い作品です。

彼岸花が咲く島」 李琴峰 芥川賞受賞作品。この台湾籍の女性作家が政治的発言をしたことがもとでSNSなどで差別的ないじめにあっていると知り、愕然としました。この作品を読んでみることにしました。

「時給はいつも最低賃金、これって私のせいですか? 国会議員に聞いてみた。」 和田静香, 小川淳也  フリライターだけでは食っていけないのでパートもしている著者が、国会議員小川淳也議員宿舎に通ってインタビューを繰り返し上梓した一冊。「国の財政?それってなに?」と聞けば懇切丁寧に説明してくれる号泣議員。ライターは、すごい数の本を読んで勉強を重ねたそうです。せめて1時間の時給で買える価格設定にしてほしかったけど、この本も外せない1冊だと思っています。

今週の書評本掲載された媒体タイトル・著者・出版社・税込価格)

週刊朝日:9/17号 6冊 
長い一日 滝口悠生 講談社 2,475
はつなつみずうみ分光器 瀬戸夏子 左右社 2,420
沢村忠に真空を飛ばせた男―昭和のプロモーター・野口修 評伝 細田昌志 新潮社 3,190
日本哲学の最前線 山口 尚 講談社現代新書 990
近親殺人 そばにいたから 石井光太 新潮社 1,650
霞が関のリアル NHK取材班 岩波書店 1,980

サンデー毎日:9/19号 11冊 
異文化コミュニケーション学 鳥飼玖美子 岩波新書 924
ISSUE 和田誠のたね 和田誠 スイッチパブリッシング 1,760
よしながふみ 『大奥』を旅する 太陽の地図帖編集部 平凡社 1,320
病理医が明かす死因のホント 榎木英介 日経BP 990
発明は改造する、人類を。 アイニッサ・ラミレズ 柏書房 3,080
NHK100分de名著 果てしなき 石ノ森章太郎 ヤマザキマリ, 名越康文, 夏目房之介NHK出版 1,210
納豆の食文化誌 横山智 農山漁村文化協会 2,970
歴史の証人 ホテル・リッツ ティラー・J・マッツェオ 東京創元社 1,210
活劇映画と家族 筒井康隆 講談社現代新書 924
行く、行った、行ってしまった ジェニー・エルペンベック 白水社 3,630
鬼火(上・下) マイクル・コナリー 講談社文庫 各990

女性自身:9/21号 4冊 
結 妹背山婦女庭訓 波模様 大島真寿美 文藝春秋 1,870
時間旅行者のキャンディボックス ケイト・マスカレナス 創元推理文庫 1,430
九十八歳。戦いやまず日は暮れず 佐藤愛子 小学館 1,320
ブランド 吉田修一 KADOKAWA 1,760

女性セブン:9/23号 5冊 
九十八歳。戦いやまず日は暮れず 佐藤愛子 小学館 1,320
時給はいつも最低賃金、これって私のせいですか? 国会議員に聞いてみた。 和田静香, 小川淳也 左右社 1,870
教場X 刑事指導官・風間公親 長岡弘樹 小学館 1,650
ごめん。 加藤元 集英社文庫 891
学校ってなんだ! 日本の教育はなぜ息苦しいのか 工藤勇一、鴻上尚史 講談社現代新書 990

週刊現代:9/11・9/18号 7冊 
透明な螺旋 東野圭吾 文藝春秋 1,815
地中の星 門井慶喜 新潮社 1,980
兇人邸の殺人 今村昌弘 東京創元社 1,870
人事の日本史 遠山美都男, 関幸彦, 山本博文 朝日新書 1,023
ごみ収集とまちづくり 清掃の現場から考える地方自治 藤井誠一郎 朝日新聞出版 1,650
鴎外青春診療録控 千住に吹く風 山崎光夫 中央公論新社 1,870
父の詫び状 向田邦子 文春文庫 693

週刊ポスト:9/17・9/24号 10冊 
出禁の男 テリー伊藤 本橋信宏 イースト・プレス 2,750
夫婦をやめたい 離婚する妻、離婚はしない妻 南和行 集英社 1,650
私がホームレスだったころ 台湾のソーシャルワーカーが支える未来への一歩 李玟萱 白水社 2,530
推理大戦 似鳥鶏 講談社 1,815
転がる検事に苔むさず 直島翔 小学館 1,760
MC論 - 昭和レジェンドから令和新世代まで「仕切り屋」の本懐 古舘伊知郎 ワニブックス 1,650
火影に咲く 木内昇 集英社文庫 704
三千円の使いかた 原田ひ香 中公文庫 770
筒美京平 大ヒットメーカーの秘密 近田春夫 文春新書 935
甲子園は通過点です~勝利至上主義と決別した男たち 氏原英明 新潮新書 792

週刊新潮:9/16号 14冊 
クローズアップ藝大 国谷裕子東京藝術大学 河出新書 990
彼岸花が咲く島 李琴峰 文藝春秋 1,925
闇に用いる力学 赤気篇・黄禍篇・青嵐篇 竹本健治 光文社 3,300、4,400、4,400
印税稼いで三十年 鈴木輝一郎 本の雑誌社 1,760
三流のすすめ 安田登 ミシマ社 1,760
カラハリが呼んでいる マーク・オーエンズ, ディーリア・オーエンズ ハヤカワ文庫NF 1,430
崩れゆく絆 アチェ光文社古典新訳文庫 1,232
筒美京平 大ヒットメーカーの秘密 近田春夫 文春新書 935
イギリス人の患者 マイケル・オンダーチェ 新潮文庫 古書
半七捕物帳〈3〉 岡本綺堂 光文社時代小説文庫 748
今こそ、問われる地域防災力 後藤一蔵 近代消防新書 1,210
国鉄 東京駅 大動脈の昭和史、変わりゆく駅の記録 荒川好夫、RGG グラフィック社 3,520
遠き春の日々 ぼくの高校時代 三田誠広 みやび出版 1,650
完全解説 ウルトラマン不滅の10大決戦 古谷敏, やくみつる集英社新書 1,100

週刊文春:9/16号 10冊 
長い一日 滝口悠生 講談社 2,475
名著のツボ 賢人たちが推す!最強ブックガイド 石井千湖 文藝春秋 1,760
アレクシエーヴィチとの対話「小さき人々」の声を求めて スヴェトラーナ・アレクシエーヴィチ 岩波書店 3,190
忌名の如き贄るもの 三津田信三 講談社 2,035
機龍警察 白骨街道 月村了衛 早川書房 2,090
英語の読み方 ニュース、SNSから小説まで 北村一真 中公新書 902
限界風俗嬢 小野一光 集英社 1,540
幸いなるハリー イーディス・パールマン 亜紀書房 2,420
サボる哲学 労働の未来から逃散せよ 栗原 康 NHK出版新書 1,023
わたしのいないテーブルで デフ・ヴォイス 丸山正樹 東京創元社 1,760

週刊エコノミスト:9/14号 9冊 
「ネオ・チャイナリスク」研究 ヘゲモニーなき世界の支配構造 柯 隆 慶應義塾大学出版会 2640
アメリカを作った思想 五〇〇年の歴史 ジェニファー・ラトナー=ローゼンハーゲン ちくま学芸文庫 1,430
日本金融百年史 横山和輝 ちくま新書 935
日本〝式〟経営の逆襲 岩尾俊兵 日本経済新聞出版 1,980
猫が30歳まで生きる日 治せなかった病気に打ち克つタンパク質「AIM」の発見 宮崎徹 時事通信社 1,980
森林で日本は蘇る 林業の瓦解を食い止めよ 白井裕子 新潮新書 792
日本人の愛国 マーティン・ファクラー 角川新書 946
THE LONELY CENTURY なぜ私たちは「孤独」なのか ノリーナ・ハーツ ダイヤモンド社 2,420
10人の皇帝たち バリー・ストラウス 青土社 4,400

週刊東洋経済:9/11号 10冊 
私たちはなぜこんなに貧しくなったのか 荻原博子 文藝春秋 1,870
ヒロシマを暴いた男 米国人ジャーナリスト、国家権力への挑戦 レスリー・M・M・ブルーム 集英社 1,980
ベトナムを知れば見えてくる日本の危機「対中警戒感」を共有する新・同盟国 梅田邦夫 小学館 11,485
もうだまされない 新型コロナの大誤解 西村秀一 幻冬舎 1,430
「こころの旅」を歌いながら きたやまおさむ, 富澤一誠 言視舎 1,760
ランニング王国を生きる 文化人類学者がエチオピアで走りながら考えたこと マイケル・クローリー 青土社 2,420
日本大空襲「実行犯」の告白~なぜ46万人は殺されたのか 鈴木冬悠人 新潮新書 836
異文化コミュニケーション学 鳥飼玖美子 岩波新書 924
農業消滅 農政の失敗がまねく国家存亡の危機 鈴木宣弘 平凡社新書 968
アルキメデスの驚異の発想法 数学と軍事 上垣渉 インターナショナル新書 946

朝日新聞:9月11日 19冊 
養老先生、病院へ行く 養老孟司、中川恵一 エクスナレッジ 1,540
テロ後―世界はどう変わったか 藤原帰一 岩波新書 古書
倒壊する巨塔―アルカイダと「9・11」への道(上・下) ローレンス・ライト 白水社 各2,640
真実の終わり ミチコ・カクタニ 集英社 1,870
生きるためのフェミニズム パンとバラと反資本主義 堅田香緒里 タバブックス 1,870
他者の靴を履く アナーキック・エンパシーのすすめ ブレイディみかこ 文藝春秋 1,595
アーバン・ベア となりのヒグマと向き合う 佐藤喜和 東京大学出版会 4,400
戦後沖縄と復興の「異音」 米軍占領下 復興を求めた人々の生存と希望 謝花直美 有志舎 2,860
沖縄人民党事件 米国民政府軍事法廷に立つ瀬長亀次郎 森川恭剛 インパクト出版会 3,300
東京古書組合百年史 佐古田亮介 東京古書籍商業協同組合 8,000
ルネ・ラリック リミックス 時代のインスピレーションをもとめて田豊次郎、田中雅子、筧菜奈子ほか 左右社 2,970
生き物がいるかもしれない星の図鑑 太陽系や系外惑星、億兆の中に生命はあるか 荒舩良孝 サイエンス・アイ新書 1,100
最後の挨拶 His Last Bow 小林エリカ 講談社 1,760
評伝 福田赳夫 戦後日本の繁栄と安定を求めて 五百旗頭真 岩波書店 5,280
マクルーハン発言集 メディア論の想像力 マーシャル・マクルーハン みすず書房 5,060
フランク史I クローヴィス以前 佐藤彰一 名古屋大学出版会 7,920
鎌倉燃ゆ 歴史小説傑作選 安部龍太郎, 谷津矢車他 PHP文芸文庫 990
智に働けば 石田三成像に迫る十の短編 山田裕樹, 中島らも集英社文庫 858
朝日文庫時代小説アンソロジー 吉原饗宴 有馬美季子, 志川節子他 朝日時代小説文庫 880

ダ・ヴィンチ10月号 今月の絶対はずさない!プラチナ本
白光 朝井まかて 文藝春秋 1,980

以上

 

今週 書評で取り上げられた本(8/30~9/5  週刊10誌&朝日新聞)全92冊

f:id:toship-asobi:20210904173336j:plain

毎週日曜日は、この一週間に書評に取り上げられた本を紹介しています。今が旬の逸品といえるおすすめ品です。書評の内容については各誌をご覧ください。

今週の書評本掲載された媒体タイトル・著者・出版社・税込価格)

週刊朝日:9/10号 6冊 
平成史 昨日の世界のすべて那覇文藝春秋 2,200
闇の盾 政界・警察・芸能界の守り神と呼ばれた男 寺尾文孝 講談社 1,980
ダイエットをしたら太ります。~最新医学データが示す不都合な真実 永田利彦 光文社新書 924
京商店夫婦 阿部直美、阿部了 交通新聞社 1,980
シルクロード 流沙に消えた西域三十六か国 中村清次 新潮新書 792
こんな政権なら乗れる 中島岳志保坂展人 朝日新書 869

サンデー毎日:9/12号 9冊 
雨夜の星たち 寺地はるな 徳間書店 1,650
戦争はいかに終結したか-二度の大戦からベトナムイラクまで 千々和泰明 中公新書 1,012
国語辞典を食べ歩く サンキュータツオ 女子栄養大学出版部 1,870
自分で名付ける 松田青子 集英社 1,760
たまごの旅人 近藤史恵 実業之日本社 1,760
場末のシネマパラダイス 本宮映画劇場 田村優子 筑摩書房 1,980
わたしの懐かしい一冊 池澤夏樹, 小島慶子毎日新聞出版 1,870
葬送習俗事典 死穢の民俗学手帳 柳田国男 河出文庫 990
大岡信 架橋する詩人 大井浩一 岩波新書 968

女性自身:9/14号 4冊 
朔が満ちる 窪美澄 朝日新聞出版 1,870
離島ひとり旅 大畠順子 辰巳出版 1,650
水たまりで息をする 高瀬隼子 集英社 1,540
孤独は社会問題 孤独対策先進国イギリスの取り組み 多賀幹子 光文社新書 946

女性セブン:9/16号(書評コーナーはお休み)

週刊現代: (今週号は休刊)

週刊ポスト: (今週号は休刊)

週刊新潮:9/9号 14冊 
バイデンの光と影 エヴァン・オスノス 扶桑社 1,870
エルサレム ゴンサロ・M・タヴァレス 河出書房新社 3,245
機龍警察 白骨街道 月村了衛 早川書房 2,090
アウトロー・オーシャン(上・下) イアン・アービナ 白水社 2,640
日本映画作品大事典 山根貞男 三省堂 41,800
短くて恐ろしいフィルの時代 ジョージ・ソーンダーズ 河出文庫 891
族長の秋 ガルシア=マルケス 集英社文庫 880
ガリバー旅行記 ジョナサン・スウィフト 角川文庫 704
潜入・ゴミ屋敷 孤立社会が生む新しい病 笹井恵里子 中公新書ラクレ 902
センセイの鞄 川上弘美 新潮文庫 649
慰安婦」はみな合意契約していた 有馬哲夫 WAC 990
印税稼いで三十年 鈴木輝一郎 本の雑誌社 1,760
マン・レイと女性たち 巖谷國士 平凡社 2,750
向田邦子シナリオ集 昭和の人間ドラマ 向田邦子 ちくま文庫 990

週刊文春:9/9号 14冊 
NEO HUMAN ネオ・ヒューマン 究極の自由を得る未来 ピーター・スコット・モーガン 東洋経済新報社 1,870
身もこがれつつ 小倉山の百人一首 周防柳 中央公論新社 2,090
室町は今日もハードボイルド 日本中世のアナーキーな世界 清水克行 新潮社 1,540
閉じ込められた女 ラグナル・ヨナソン 小学館文庫 1,056
宿敵 (上・下) リー・チャイルド 講談社文庫 各1,100
10年かかって地味ごはん。-料理ができなかったからこそ伝えられるコツがある 和田明日香 主婦の友社 1,430
自分で名付ける 松田青子 集英社 1,760
暁の宇品 陸軍船舶司令官たちのヒロシマ 堀川惠子 講談社 2,090
ネコは言っている ここで死ぬ定めではないと 春日武彦, 穂村弘 イースト・プレス 1,760
特攻文学論 井上義和 創元社 1,980
イン・マイ・ライフ 吉本由美 亜紀書房 1,650
ショローの女 伊藤比呂美 中央公論新社 1,650
余命一年、男をかう 吉川トリコ 講談社 1,650
姫君を喰う話 宇能鴻一郎傑作短編集 宇能鴻一郎 新潮文庫 737

週刊エコノミスト:9/7号 8冊 
たかが会計 資本コスト、コーポレートガバナンスの新常識 福井義高 中央経済社 2530
最悪の予感 パンデミックとの戦い マイケル・ルイス 早川書房 2,310
ビジネススキル図鑑 堀 公俊 日本経済新聞出版 2,420
海がやってくる 気候変動によってアメリカ沿岸部では何が起きているのか エリザベス・ラッシュ 河出書房新社 2,915
財務省の「ワル」 岸宣仁 新潮新書 814
悲劇の世界遺産 ダークツーリズムから見た世界 井出明 文春新書 1,210
シェフたちのコロナ禍 道なき道をゆく三十四人の記録 井川直子 文藝春秋 2,090
藤原仲麻呂-古代王権を動かした異能の政治家 仁藤敦史 中公新書 946

週刊東洋経済:9/4号 10冊 
新たな医療危機を超えて コロナ後の未来を医学×経済の視点で考える 真野俊樹 日本評論社 2,090
経済はロックに学べ アラン・B・クルーガー ダイヤモンド社 2,420
政界再編-離合集散の30年から何を学ぶか 山本健太郎 中公新書 924
開かれたパンドラの箱 老化・寿命研究の最前線 今井眞一郎, 瀬川茂子 朝日新聞出版 2,200
歴史の鑑定人 ナポレオンの死亡報告書からエディソンの試作品まで ネイサン・ラーブ、ルーク・バール 草思社 2,420
早く絶版になってほしい #駄言辞典 日経xwoman編 日経BP 1,540
幻の本土上陸作戦 オリンピック作戦の全貌 NHK「果てなき殲滅戦」取材班+中津海法寛 祥伝社新書 968
こんな政権なら乗れる 中島岳志保坂展人 朝日新書 869
「うつ」の効用 生まれ直しの哲学 泉谷閑示 幻冬舎新書 990
特攻隊員と大刀洗飛行場 四人の証言 安部龍太郎 PHP新書 968

朝日新聞:9月4日 27冊 
いのちの停車場 南杏子 幻冬舎文庫 781
ドルジェル伯の舞踏会 ラディゲ 光文社古典新訳文庫 924
火の娘たち ネルヴァル 岩波文庫 1,386
あしたのことば 森絵都 小峰書店 1,760
ヒトコブラクダ層ぜっと(上・下) 万城目学 幻冬舎 各1,980
日本政治研究事始め 大嶽秀夫オーラル ヒストリー 大嶽秀夫, 酒井大輔他 ナカニシヤ出版 3,960
酔っぱらいが変えた世界史 アレクサンドロス大王からエリツィンまで ブノワ・フランクバルム 原書房 2,200
エリック・ホブズボーム 歴史の中の人生(上・下) リチャード・J.エヴァンズ 岩波書店 各5,830
中東・イスラーム世界への30の扉 西尾哲夫、東長靖 ミネルヴァ書房 2,970
わたしの懐かしい一冊 池澤夏樹, 小島慶子毎日新聞出版 1,870
行く、行った、行ってしまった ジェニー・エルペンベック 白水社 3,630
ありのままのイメージ スナップ美学と日本写真史 甲斐義明 東京大学出版会 5,720
家をつくる 王 澍 みすず書房 5,280
ぼくは独り暮らしの老人の家に弁当を運ぶ 福島あつし 青幻社 3,960
三千円の使いかた 原田ひ香 中公文庫 770
一度だけ 益田ミリ 幻冬舎文庫 649
未来 湊かなえ 双葉文庫 858
melody 今井麗作品集 今井麗 PARCO出版 3,630
離れがたき二人 ボーヴォワール 早川書房 2,750
LISTEN 知性豊かで創造力がある人になれる ケイト・マーフィ 日経BP 2,420
海が走るエンドロール 1 たらちねジョン 秋田書店 660
最強の食材 コオロギフードが地球を救う 野地澄晴 小学館新書 902
日韓関係史 木宮正史 岩波新書 924
しごと放浪記 自分の仕事を見つけたい人のために 森まゆみ インターナショナル新書 968
教えから学びへ 教育にとって一番大切なこと 汐見稔幸 河出新書 979
英語の思考法 話すための文法・文化レッスン 井上逸兵 ちくま新書 946
史的システムとしての資本主義 I.ウォーラーステイン 岩波書店 古書

以上

 

今週 書評で取り上げられた本(8/23~8/29 週刊10誌&朝日新聞)全96冊

f:id:toship-asobi:20210829005348j:plain

毎週日曜日は、この一週間に書評に取り上げられた本を紹介しています。今が旬の逸品といえるおすすめ品です。書評の内容については各誌をご覧ください。

 今週の書評本掲載された媒体タイトル・著者・出版社・税込価格)

週刊朝日:9/3号 (特集 没後40年に読む向田邦子

サンデー毎日:8/29号 9冊
水よ踊れ 岩井圭也 新潮社 2,420
決定版 HONZが選んだノンフィクション 成毛眞・編 中公新書 1,980
新装版 定本 実録 大江戸奇怪草子 忘れられた神々 花房孝典 天夢人 1,760
ケアマネジャーはらはら日記 岸山真理子 フォレスト出版 1,430
別冊太陽 長谷川町子 昭和を描いた国民的漫画家 長谷川町子美術館 (監修) 平凡社 2,640
後列のひと 無名人の戦後史 清武英利 文藝春秋 1,760
聖徳太子蘇我入鹿 海音寺潮五郎 作品社 2,090
青春ドラマ夢伝説「俺たちシリーズ」などとTVドラマの黄金時代 岡田晋吉 ちくま文庫 990
幻の本土上陸作戦 オリンピック作戦の全貌 NHK「果てなき殲滅戦」取材班+中津海法寛 祥伝社新書 968

女性自身:9/7号 4冊
あなたにオススメの 本谷有希子 講談社 1,870
初ものがたり 宮部みゆき 新潮文庫 649
自分で名付ける 松田青子 集英社 1,760
罪の因果性 横関大 KADOKAWA 1,925

女性セブン:9/9号 4冊
ムスコ物語 ヤマザキマリ 幻冬舎 1,650
兇人邸の殺人 今村昌弘 東京創元社 1,870
店長がバカすぎて 早見和真 ハルキ文庫 759
東大脱力講義 ゆるい日本史~鎌倉・室町・戦国時代~  カレー沢薫 小学館 1,210

週刊現代:9/4号 7冊
白光 朝井まかて 文藝春秋 1,980
死は最後で最大のときめき 下重暁子 朝日新聞出版 869
ワラグル 浜口倫太郎 小学館 1,980
甲子園は通過点です~勝利至上主義と決別した男たち 氏原英明 新潮新書 792
死者の告白 30人に憑依された女性の記録 奥野修司 講談社 1,760
ポー殺人事件 ヨルゲン・ブレッケ ハーパーBOOKS 1,210
天下の糸平(上・下) 早乙女 貢 文春文庫 古書

週刊ポスト:9/3号 10冊
シークレット・エクスプレス 真保裕一 毎日新聞出版 1,870
辻政信の真実 失踪60年--伝説の作戦参謀の謎を追う 前田啓介 小学館新書 1,210
ハイブリッド戦争 ロシアの新しい国家戦略 廣瀬陽子 講談社現代新書 1,320
結 妹背山婦女庭訓 波模様 大島真寿美 文藝春秋 1,870
霧をはらう 雫井脩介 幻冬舎 1,980
限界風俗嬢 小野一光 集英社 1,540
未来 湊かなえ 双葉文庫 858
鞠子はすてきな役立たず 山崎ナオコーラ 河出文庫 924
アルキメデスの驚異の発想法 数学と軍事 上垣渉 インターナショナル新書 946
13歳からのキリスト教 佐藤優 青春新書 1,089

週刊新潮:9/2号 14冊
喰うか喰われるか 私の山口組体験 溝口敦 講談社 1,980
いつも来る女の人 片岡義男 左右社 1,980
兇人邸の殺人 今村昌弘 東京創元社 1,870
人生ミスっても自殺しないで、旅 諸隈元 晶文社 2,530
カンカラ鳴らして、政治を「演歌」する 岡大介 dZERO 1,980
1974年のサマークリスマス 林美雄パックインミュージックの時代 柳澤健 集英社文庫 836
ナショナル・ストーリー・プロジェクトⅠ・Ⅱ ポール・オースター 新潮文庫 737,693
戦争はいかに終結したか-二度の大戦からベトナムイラクまで 千々和泰明 中公新書 1,012
日本人はもっと幸せになっていいはずだ 前田日明 サイゾー 1,540
キッドナップ・ツアー 角田光代 新潮文庫 506
洋楽ロック史を彩るライヴ伝説 ウドー音楽事務所の軌跡を辿る 赤尾美香 シンコーミュージック 2,420
革命キッズ 中路啓太 光文社 2,200
長めのいい部屋・かわうそ天然気分 フジモトマサル 中央公論新社 1,980
「八月ジャーナリズム」と戦後日本 戦争の記憶はどう作られてきたのか 米倉律 花伝社 2,200

週刊文春:9/2号 13冊
クイーンズ・ギャンビット ウォルター・テヴィス 新潮文庫 990
あなたにオススメの 本谷有希子 講談社 1,870
挑発する少女小説 斎藤美奈子 河出新書 946
変な家 雨穴 飛鳥新社 1,400
硝子の塔の殺人 知念実希人 実業之日本社 1,980
心理的安全性のつくりかた 石井遼介 日本能率協会マネジメントセンター 1,980
海神の子 川越宗一 文藝春秋 1,760
高地文明「もう一つの四大文明」の発見 山本紀夫 中公新書 1,155
ばいばい、バッグレディ マーニー・ ジョレンビー 早川書房 2,530
オオサカ、大逆転! 結城豊弘 ビジネス社 1,760
本心 平野啓一郎 文藝春秋 1,980
クレイジー・フォー・ラビット 奥田亜希子 朝日新聞出版 1,760
隠居生活10年目 不安は9割捨てました 大原扁理 大和書房 1,540

週刊エコノミスト:8/31号 8冊
競争政策の経済学 人口減少・デジタル化・産業政策 大橋弘 日本経済新聞出版 2750
小売の未来 ダグ・スティーブンス プレジデント社 2,420
他者の靴を履く アナーキック・エンパシーのすすめ ブレイディみかこ 文藝春秋 1,595
新たな医療危機を超えて コロナ後の未来を医学×経済の視点で考える 真野俊樹 日本評論社 2,090
サイバースパイが日本を破壊する 井上久男 ビジネス社 1,650
六方よし経営 日本を元気にする新しいビジネスのかたち 藻谷ゆかり 日経BP 1,540
オリンピック 反対する側の論理 東京・パリ・ロスをつなぐ世界の反対運動 ジュールズ・ボイコフ 作品社 2,970
決定版 大東亜戦争(上・下) 波多野澄雄, 赤木完爾他 新潮新書 902,946

週刊東洋経済:8/28号 10冊
海獣学者、クジラを解剖する 海の哺乳類の死体が教えてくれること 田島木綿子 山と渓谷社 1,870
最後通牒ゲームの謎 進化心理学からみた行動ゲーム理論入門 小林佳世子 日本評論社 2,090
最悪の予感 パンデミックとの戦い マイケル・ルイス 早川書房 2,310
FOOTPRINTS(フットプリント) 未来から見た私たちの痕跡 デイビッド・ファリアー 東洋経済新報社 2,640
アメリカン・ベースボール革命 データ・テクノロジーが野球の常識を変える ベン・リンドバーグ, トラビス・ソーチック 化学同人 3,520
仁義なき戦い 菅原文太 松田 美智子 新潮社 1,870
財務省の「ワル」 岸宣仁 新潮新書 814
実録 脱税の手口 田中周紀 文春新書 1,078
太平洋の巨鷲 山本五十六 大木毅 角川新書 1,012
中先代の乱-北条時行 鎌倉幕府再興の夢 鈴木由美 中公新書 902

朝日新聞:8月28日 17冊
DXの思考法 日本経済復活への最強戦略 西山圭太 文藝春秋 1,650
イチロー・インタビューズ 激闘の軌跡 2000-2019 石田雄太 文藝春秋 1,980
アストロボール 世界一を成し遂げた新たな戦術 ベン・ライター KADOKAWA 2,090
史上最高の投手はだれか〈完全版〉 佐山和夫 潮文庫 990
ハヨンガ ハーイ、おこづかいデートしない? チョン・ミギョン アジュマブックス 1,980
きりえや偽本大全 高木亮 現代書館 2,200
競技で結果を出す食事術 髙山樹里 産業編集センター 1,760
どっちがどっちまぎらわしい生きものたち 梁井貴史, 金子貴富 さくら舎 1,760
ロボット学者、植物に学ぶ―自然に秘められた未来のテクノロジー バルバラ・マッツォライ 白揚社 2,860
八木義徳 野口冨士男 往復書簡集 平井一麥, 土合弘光 田畑書店 6,600
インスタグラム 野望の果ての真実 サラ・フライヤー ニューズピックス 2,640
きみが死んだあとで 代島治彦 晶文社 2,530
マン・レイと女性たち 巖谷國士 平凡社 2,750
陰キャニートでアイドルオタクだった僕が歌舞伎町で指名ナンバーワンホストになって水を売る理由 将暉 主婦の友社 1,485
暁の宇品 陸軍船舶司令官たちのヒロシマ 堀川惠子 講談社 2,090
わたしたちに手を出すな ウィリアム・ボイル 文春文庫 1,155
灰いろの鴉 捜査一課強行犯係・鳥越恭一郎 櫛木理宇 ハルキ文庫 979

 

New York Timesの最も重要な戦後建築25選に日本で唯一選ばれました。丹下健三設計の香川県庁舎

f:id:toship-asobi:20210825113213j:plain

完成時(1958年)の香川県

建築家・丹下健三(1913-2005)が設計した香川県庁(現在は香川県庁東館)が、ニューヨーク・タイムズ・スタイル・マガジンの「最も重要な戦後建築25選」に日本で唯一選ばれました。

https://www3.nhk.or.jp/lnews/takamatsu/20210823/8030010900.html

2008年に四国(道後温泉)に行った際に、私はわざわざ寄り道して香川県庁にまで足を運びました。かねてから現物を見てみたいとの思いで、丹下さん40代の傑作作品を見学に行ったのでした。

県庁の竣工は1958年でしたので、建築から半世紀後の出会いとなりました。お隣には、これもまた丹下健三の設計になる新本館が建っていました。

県庁での滞在時間はトイレ休憩を含めて30分くらいでしたか、外観も館内も50年の時の流れを感じさせない本当の意味での瀟洒(しょうしゃ)な雰囲気が漂っていました。

当時、マイカーで道後から九州大分(湯布院)に渡り、山陽道を通って帰阪しました。帰りは、丹下健三設計の広島平和記念公園にも立ち寄りましたから、丹下健三を巡る旅でもありました。

ということで、旧香川県庁の瀟洒な雰囲気は出ているでしょうか、当時に私が撮った写真を外付けHDの奥の方から探し出してきて以下に貼り付けることにします。

 

f:id:toship-asobi:20210825113343j:plain

 

f:id:toship-asobi:20210825113413j:plain

 

f:id:toship-asobi:20210825113439j:plain

 

f:id:toship-asobi:20210825113517j:plain


最後に、旧香川県庁に関する素晴らしいサイトをご紹介します。

https://yousakana.jp/kagawa-pref/