ショパンコンクールのファイナリストが発表され、小林愛実と反田恭平が本選に進みます

f:id:toship-asobi:20211018100257j:plain

f:id:toship-asobi:20211018100314j:plain

現在開催中の第18回ショパンコンクールは、第3次予選が終了しファイナリストが発表されました。

発表は予定より1時間半遅れだったようですから、審査員による活発な意見交換が行われたのでしょう、予定枠の10人を超える12人のファイナリストが発表されました。

3次予選には、日本からは5人が残っていましたが、ファイナルに進んだのは小林愛実と反田恭平の二人となりました。小林は2015年に続いて2回連続のファイナリストになりましたが、前回は入賞を逃しましたので「今度こそ」という気概が偉いですね。

ファイナル進出者(12名)※アルファベット順
レオノーラ・アルメッリーニ(イタリア)
J J ジュン・リ・ブイ(カナダ)
アレクサンダー・ガジェヴ(イタリア/スロベニア
マルティン・ガルシア・ガルシア(スペイン)
エヴァ・ゲヴォルギアン(ロシア/アルメニア
小林愛実(日本)
ヤクブ・クーシュリック(ポーランド
イ・ヒョク(韓国)
ブルース(シャオユー)リウ(カナダ)
カミル・パホレッツ(ポーランド
ハオ・ラオ(中国)
反田恭平(日本)

ということで、YouTubeから3次予選の小林と反田の演奏をピックアップしました。
3次予選の選曲規定はぐっと範囲が狭くなり次のようになっていました。
以下の(1)(2)を含む、45〜55分のショパンの作品。制限時間内で、下記以外の作品を追加してよい。
(1)以下の作品から1曲
ピアノ・ソナタ第2番「葬送」Op.35、ピアノ・ソナタ第3番 Op.58、24の前奏曲 Op.28
(2)以下の作品番号のマズルカを1セット
Op.17、24、30、33、41、50、56、59

小林のプログラム(動画開始時間)
マズルカ第30番 Mazurki op. 30 Mazurkas, Op. 30
  nr 1 c-moll  /  No. 1 in C minor (0:34)
  nr 2 h-moll  /  No. 2 in B minor (2:37)
  nr 3 Des-dur  /  No. 3 in D flat major (4:03)
  nr 4 cis-moll  /  No. 4 in C sharp minor (7:00)
24の前奏曲 Preludia op. 28  /  Preludes, Op. 28
  nr 1 C-dur  /  No. 1 in C major (11:49)
  nr 2 a-moll  /  No. 2 in A minor (12:34)
  nr 3 G-dur  /  No. 3 in G major (15:07)
  nr 4 e-moll  /  No. 4 in E minor (16:08)
  nr 5 D-dur  /  No. 5 in D major (18:34)
  nr 6 h-moll  /  No. 6 in B minor (19:16)
  nr 7 A-dur  /  No. 7 in A major (21:23)
  nr 8 fis-moll  /  No. 8 in F sharp minor (22:18)
  nr 9 E-dur  /  No. 9 in E major (24:15)
  nr 10 cis-moll  /  No. 10 in C sharp minor (25:50)
  nr 11 H-dur  /  No. 11 in B major (26:26)
  nr 12 gis-moll  /  No. 12 in G sharp minor (27:17)
  nr 13 Fis-dur  /  No. 13 in F sharp major (28:50)
  nr 14 es-moll  /  No. 14 in E flat minor (32:34)
  nr 15 Des-dur  /  No. 15 in D flat major (33:21)
  nr 16 b-moll  /  No. 16 in B flat minor (39:50)
  nr 17 As-dur  /  No. 17 in A flat major (41:09)
  nr 18 f-moll  /  No. 18 in F minor (44:42)
  nr 19 Es-dur  /  No. 19 in E flat major (45:47)
  nr 20 c-moll  /  No. 20 in C minor (47:21)
  nr 21 B-dur  /  No. 21 in B flat major (49:27)
  nr 22 g-moll  /  No. 22 in G minor (51:17)
  nr 23 F-dur  /  No. 23 in F major (52:00)
  nr 24 d-moll  /  No. 24 in D minor (53:04)

www.youtube.com

 

反田のプログラム(動画開始時間)
マズルカ第56番 Mazurki op. 56  /  Mazurkas, Op. 56
  nr 1 H-dur  /  No. 1 in B major (0:21)
  nr 2 C-dur  /  No. 2 in C major (4:41)
  nr 3 c-moll  /  No. 3 in C minor (6:33)
◆ピアノ・ソナタ第2番「葬送」Sonata b-moll op. 35  /  Sonata in B flat minor, Op. 35
  Grave. Doppio movimento (12:52)
  Scherzo. Molto vivace (21:10)
  Marche funèbre (28:12)
  Finale (37:27)
◆ラルゴ Largo Es-dur „Boże, coś Polskę” (harmonizacja dawnej wersji pieśni) op. posth.  /  Largo in E flat major ‘Boże, coś Polskę’ (harmonization of the old version of the song for piano), Op. posth. (39:26)
ポロネーズ第6番「英雄」Polonez As-dur op. 53  /  Polonaise in A flat major, Op. 53 (41:52)

www.youtube.com

 

ところで、下の動画は、コンクール前の2021年8月に奈良で行われた小林愛実のリサイタルに反田恭平がゲスト出演することの告知ビデオです。

この小林のリサイタルの会場は、奈良の100年会館の中ホールだったようで、キャパは430ほどです。今のふたりなら都心のキャパ2000前後の大ホールなら観客は満杯になるのではないでしょうか。

実際、3次予選の後、反田には海外でのコンサートのオファーが来ている(本人談)とのことですから、二人には世界中からオファーが来るでしょうね。

今回ファイナリストになれなかった3人、古海行子、進藤実優、角野隼斗も素晴らしいピアニストですから前途洋々だと言えます。きっとどこかのコンサートで会える気がしますので、今から楽しみにしています。

ショパンコンクール本選は、18日から20日まで続きます。