「決定版-HONZが選んだノンフィクション」がいい仕事しています

f:id:toship-asobi:20211023102427j:plain

決定版-HONZが選んだノンフィクション  成毛 眞  (著, 編集)   中央公論新社

 

Netflixでのノンフィクション・ドキュメンタリーやドラマばかり見ているので本を読む時間がますます減っている。

そんななか、ノンフィクション本のカタログにと本書を手に取った。

HONZというノンフィクション本を紹介するサイトが、ここ10年間の記事の選りすぐりの100冊をこの1冊にまとめて紹介している。

本を紹介してくれるレビュワーは多彩で、書くことのプロが推薦文を見事に仕上げていていい仕事をしている。

10冊くらいはすでに読んだか読みたいと思った本で、数冊は読もうと思わせられる未知との遭遇で、とてもありがたかった。すでに図書館のオンライン予約棚に何冊かスタンバイさせた。

 

HONZ
代表者である成毛眞が自らのブログで公募した「本のキュレーター勉強会」を前身に、“読むに値する「おすすめノンフィクション」を紹介するサイト"として2011年7月に開設された。小説等の創作を除くすべて――サイエンス、歴史、社会、経済、医学、教育、美術、ビジネスなどあらゆる分野の著作を対象とする。